忍者ブログ

プロペシア効果

プロペシア(フィナステリド)の純正薬やジェネリックの効果や特徴について



ブラシなどで頭皮を叩いてはいけない

日本人は、マスメディアの情報を何の疑いもなく素直に受け入れる傾向が強い。そのため、今日、回復困難な脱毛症を日本にはびこらせてしまったのは、他ならぬマスメディアであるといっても過言ではないだろう。このように書いてしまうとさまざまに反発を受けそうだが、事実なのだからご容赦願いたい。

その一例が、「ブラシで頭皮を叩くと血行が促進されるので、脱毛予防や育毛促進になる」という見当違いな情報である。

この情報が氾濫した当時のマスメディアは、ご丁寧にも画面上に頭皮を叩いた場合の血流の変化を表したイメージ図まで挿入し、いかにも理論的であるかのような解説を示しながら、多くの視聴者に「この方法によってのみ髪の毛は回復する」と信じ込ませた。テレビ画面は予想通り、絶大な説得力をもって視聴者に受け入れられたのであるが、これを実践した人たちの結果は悲惨であった。

頭皮を叩くと、神経が通っていれば痛みが走る。痛みは、危険を知らせる警告信号であり、身体からの拒否反応を示しているのはいうまでもない。

たとえば、刃物で指を切ると痛いが、この痛みは、「大切な血液が流れ出した」ことを知らせる警告信号であり、「刃物で切るのを止めよるように」という拒否反応なのである。同様に、頭皮を叩いて「痛い」と感じるのも、その原因である「叩く」のはダメという悲鳴であり、否定信号なのである。

頭皮の下には、柔らかな肉質組織である皮下脂肪組織、毛細血管、毛細神経、毛胞、毛嚢、皮脂穴、皮脂腺、汗穴、汗腺、起毛筋などのさまざまな細胞や機能を内包している。そして、これらを一括して「皮下組織」と呼ぶ。

皮下組織は、固い頭蓋骨と頭皮にはさまれているので、頭皮を叩き続けると、皮下の柔らかい組織が傷むだけでなく、ときには完全に破壊され、やがて皮下組織そのものが回復不能になってしまう。すると、失われた組織に代わって皮膚(頭皮)がしだいに厚く固くなる。

朝顔の種を鉢に植えると、芽を出した種は土中深く根を張りながら大きくなり、やがて見事な花を咲かせる。しかし、根を張る土がないと朝顔は決して大きく育たない。

髪の毛も同様で、発毛した産毛が、毛球を皮下組織の深部でふくらませ、栄養補給を受けながら成長する。その肝心な皮下組織が失われてしまった頭皮では、健康な髪の毛が育つはずもなく、髪の毛を蘇生させるのもほとんど不可能に近い。

ただ、人間の身体には自然回復機能が備わっているので、皮下組織の破壊行為を止め、頭皮の改善を心がければ、改善にともなって皮下組織も回復する。

回復に要する時間は、破壊の度合いや年齢、体質により個人差があるが、およそ3年から5年の歳月が必要だと考えられる。

回復はおだやかだが、焦りは禁物である。皮下組織が復活すると、必然的に髪の毛は再生するので、どんなに重度な脱毛症も必ず改善される。しかしわざわざ痛い思いをしてまで、回復困難な脱毛症を招く必要はない。

頭皮を叩くなどもってのほかである。大事なことは、マスメディアの情報に振り回されず、発毛や育毛の原理を素直に考えるべきだと思います。


エフペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア効果 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-