忍者ブログ

プロペシア効果

プロペシア(フィナステリド)の純正薬やジェネリックの効果や特徴について

プロペシア個人輸入


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

洗浄力の強いシャンプーの危険

周囲のなにげない言葉などで脱毛不安にとらえられた方が最初に実行するのが「育毛の大敵」と宣伝されている頭皮の皮脂を取り除く行為としての洗浄力の強いシャンプー剤の使用である。

その結果がどうかというと、なぜか以前より皮脂の分泌が多くなる。そこで、さらに強力なシャンプー剤を探し求めては使用する。すると、これも初めの数日間は効果がありそうに思えるが、そのうち脂性はますますひどくなる。さらにより強いシャンプー剤を模索して・・・と悪循環を繰り返すうち、次第に髪は薄くなり、気がつくと脱毛症になってしまっていた。

私たちの身体を乾燥などのトラブルから護っている保護膜(皮脂膜:皮脂+水分)を形成させるために分泌される皮脂は、分泌されて空気にさらされると、やがて酸化する。酸化した皮脂は粘着力を持ち、空気中のチリやホコリを呼び込む。

この酸化した皮脂や汚れを取り除くのが、入浴、洗顔、シャンプーの最大の目的であり、風呂上りの顔が突っ張るのは、皮脂が取り除かれてしまったために起こる現象である。

皮膚から保護膜(皮脂膜)がなくなると、人体の保護システムに従って、猛烈な勢いで皮脂が分泌され、皮脂膜が形成される。顔の突っ張りがじきに治まるのはこのためである。

洗浄力の強いシャンプー剤を使用して、皮脂を必要以上に取り去ってしまうと、分泌される皮脂も必要以上に多くなるわけだが、これを繰り返すと、分泌量はますます多くなり、限界にまで達すると、反対に全く分泌されなくなるなど、皮脂の分泌量に狂いが生じてくる。そうなると、頭皮に細かなフケや、湿疹が発生する。

こうしたプロセスを経て、脱毛症を発症させる条件が整えられるのである。つまり、洗浄力の強過ぎるシャンプー剤を使い続けると、確実に脱毛症になってしまうわけで、絶対に使用してはいけないのである。

ちなみに、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を取り過ぎた場合にあらわれる現象がある。それをおおまかに記すと、次の4点になる。

①シャンプー後、リンスやコンディショナーを使用する前の髪を触ると、きしみを感じる。きしみ感は、髪と頭皮からのSOSである。
②使い始めておよそ1週間もすると、髪がパサパサする。パサパサ感は、やはり、髪と頭皮からのSOSである。
③毎日使用しているうちに、髪に縮れがあらわれる。縮れも髪と頭皮からのSOSである。
④皮脂分泌が次第に多くなる。これも、頭皮からのSOSである。

ヘアケアの基本はシャンプーであるが、使用するシャンプー剤は、しなやかで効果のあるものを、慎重に選択しなければならない。


エフペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア効果 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-