忍者ブログ

プロペシア効果

プロペシア(フィナステリド)の純正薬やジェネリックの効果や特徴について

プロペシア個人輸入


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外用薬ミノキシジルの発見

ツゲイン5

【 ツゲイン5% | ミノキシジル5% | シプラ社 】

 ミノキシジルは、実はそれほど新しい薬ではない。しかも、薬の開発ではよくあることだが、もともとは別の病気の治療目的で開発中に発見されたものである。この薬は、1971年に降圧薬(血圧を下げる薬)として開発が始まっていた。

 高血圧という病気は、なにぶん患者数が多いこともあり、その研究の進歩は医学の中でも屈指のものがある。この病気を引き起こす因子は単一ではなく、さまざまなものかおることが解明されていて、その多彩な原因別に、数えきれないほどの種類の薬が開発されている。

 その中でもっとも歴史が古いのが、腎臓に働いて血圧上昇の原因となっている血液中の余分な塩分(ナトリウム)や水分を、尿として排泄させる目的で使われる、利尿剤と呼ばれる薬だ。

 次が、受容体のアンタゴニストで、ベーター・ブロッカーと呼ばれることが多い、ベーター遮断薬である。

 これはたブラック博士が、初め狭心症の薬として開発したもので、その後、この薬には降圧作用もあることが分かった。ということは、末梢血管には神経伝達物質の受容体があるということだが、現在ではこの受容体が細かく分類され、どの受容体に働けば血圧が下がるかが、かなり分かっている。アルフて受容体の中にも血管を拡張する働きをするものがあることが分かり、そこでアルファ遮断薬も開発されている。

 ベーター遮断薬より、さらに多く使われているのがカルシウム遮断薬である。血管を収縮させる役割を持つカルシウムの流入を遮断して、血管を拡張する働きをする薬である。この薬は血管の平滑筋の細胞膜に存在する、イオン・チャンネルと呼ばれる一種の輸送ポンプに働きかけて、細胞内のカルシウム・イオンの濃度を低下させる作用があるとされる。

 このように細胞内外のイオン組成を変化させる物質を発見するのも、現在の有力な薬の開発手段である。

 血管の緊張には、そのほかにも、ある種のホルモンが関わっていることが分かっている。そのホルモンの分泌を促進するのがアンギオテンシンという物質だが、これにはⅠ型とⅡ型の2タイプがあり、この働きはI型がⅡ型に変わってから起こる。

    

 そのI型からⅡ型への変換は、ある種の酵素によって行われる。ということは、この酵素を阻害すれば、結果的に血圧上昇を抑えることができるはずである。この発想から生まれたのがACE阻害薬といわれる薬で、典型的な酵素活性阻害薬の1つである。

 このほかにも、降圧薬には十指にあまる種類があり、とても全部は紹介し切れない。ともかくあまりに種類が多いため、どの患者にどの薬を使うか、使う薬の順序をどうするかも、きわめて議論の多いものになっている。

 しかし、脳卒中などを起こしやすいこの病気の患者にとって、これほど「妙薬」がいっぱいあるのは福音で、これら降圧薬は、脳卒中などを防ぐことで、過去半世紀のあいだに、日本人の平均寿命を延ばすのに、抗生物質に次いで貢献したといわれるほどである。

 ミノキシジルは、カリウム開口薬といって、先にあげた種類の降圧薬とは別の発想から開発された薬である。細胞内にはカリウム・イオン、細胞外にはナトリウム・イオンが多いことによって電位の差があり、そのことが血管の緊張をかたちづくっているが、カリウムを細胞外に排出することによってこの緊張をゆるめ、血管を拡張し、その結果、血圧を下げるという考えから、アメリカのアップジョン社が開発し、経口薬(飲み薬)として1979年に認可を得たものである。

 ところが、この臨床試験のあいだに、投与した患者の中に、肩、脚、背中、こめかみなどに毛が生え始める人が多いことが分かった。そこで数人の研究者たちが、「ハゲにも効果かあるのではないか」と考え、ミノキシジルの粉末を毎日、腕にこすりつけたところ、最初はピリピリしたが、数力月だつと毛の成長が著しいことに気がついた。

 それを知った皮膚科の医師の中に、ミノキシジルをアルコールに溶かして溶液として、薄毛やハゲに悩む患者の頭に塗る者が現われた。作戦を練りなおしたアップジョッ社は、毛髪再成長医薬品として特許を申請することを決意、新たな研究を開始した。降圧薬であるから、経口薬にした場合には、全身性に働いて副作用が大きいかもしれない。しかし、この成分は皮膚からも吸収されることが分かったので、外用薬として用いることにした。

 1981年から、18歳から49歳までの男性2300人を対象とした臨床試験が始まったが、その結果、6ヵ月塗った場合で60パーセント強、12ヵ月継続したケースでは84パーセントに効果があったという報告が出された。はっきり効果があったのは48パーセントだったというが、これだけでも驚くべき数字である。

 この臨床試験中に、意外な事実も分かってきた。臨床試験にあたっては半数がプラセボをあたえられるが、そのミノキシジルが含まれていない溶液を使った人々のうち、11パーセントに効果があったというのである。

 ということは、発毛には心理的要因も大きく関係しているということになるが、それにしても数字が大きすぎる。そのため、プラセボといっても外用薬なので、塗る際に指で頭をさすったりするので、その刺激効果もあったのではないかという説をなす人もあるようだ。

 臨床試験はその後、批判に耐えるよう、より科学的な方法で何度も行われた結果、この薬を長期にわたって用いると、患者の相当部分に発毛を促したり、さらなる脱毛を予防したりすることが証明された。

 こうした情報が伝わるにつれ、薬を切望する人々が急増し、1986年にまずカナダで認可された。次いでアメリカでも、処方笑によって人手できる薬として認可され、「ロゲイン」の商品名で売り出された。

 「ロゲイン」は、FDA(アメリカ食品医薬品局)が認可した唯一の育毛薬として大きな反響を呼んだが、その後、広く使われたことで安全性も確かなものになり、95年には処方箋なしで薬局などでも買える、大衆薬に切り換えられることになった。

 使用方法は、2パーセントの溶液1ミリリットルを、1日2回、直接、頭皮につけるというものである。頭髪が生えてきたことが分かるまでに4ヵ月かかり、ベストの結果を見るまでには、12ヵ月は塗りつづけることが必要とされる。

 日本でも、大正製薬が1996年6月に、ライフスタイルードラッグでは医療用医薬品としての保険適用はむずかしいため、一足飛びに大衆薬として認可申請を行い、98年12月に承認を受け、99年5月に「リアップ」の商品名で発売された。


エフペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア効果 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-