忍者ブログ

プロペシア効果

プロペシア(フィナステリド)の純正薬やジェネリックの効果や特徴について

プロペシア個人輸入


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男性ホルモンのパラドックス

毛の発毛に対する男性ホルモンの作用というのは、髭であれ、前頭部であれ、毛乳頭細胞がターゲットになっています。ところが、男性型脱毛症を起こす人の場合、男性ホルモンが髭では毛の発育を促進するシグナルをだし、前頭部では発育を抑制するシグナルをだすわけです。これはどういうメカニズムなのか。生体内で起こるこの相反する反応を、試験管のなかで再現してみました。

試験管のなかで毛乳頭細胞と角化細胞という2種類の細胞を「共培養」し、そこに男性ホルモンを入れたときに毛乳頭細胞がどうなるかを調べたのです。まず、髭の毛乳頭細胞を使った実験では、男性ホルモンを加えることによって、角化細胞の増殖が促進されました。つまり、男性ホルモンによって髭が濃くなる、という現象が試験管のなかで再現されたわけです。

一方、男性型脱毛症を起こす前頭部の毛乳頭細胞を使って同じ実験をすると、角化細胞の増殖を抑制する結果が得られました。男性ホルモンが髭に及ぼす影響とは、まったく逆の作用です。

この実験は、「毛乳頭細胞から何かのシグナルがでている」という仮定で行なっているので、毛乳頭細胞を集めて遺伝子発現を調べてみた結果、以下のことが分かりました。

思春期に男性ホルモンが増えてくると、髭の毛乳頭細胞からはIGF-1という成長因子が産生されます。このIGF-1が角化細胞を刺激して、髭の成長が促進されるのです。

片や、男性型脱毛症を起こす前頭部では、男性ホルモンが増えると毛乳細胞からTGF-β1という因子がでます。このTGF-β1が、IGF-1とは逆に角化細胞が増えるのを強力に抑制したり、あるいはアポトーシスを起こさせるのです。たとえばこのTGF-β1をマウスに打つと、脱毛が起きてきます。

このことから、男性型脱毛症の発症には、男性ホルモンによって毛乳頭細胞から分泌されるTGF-β1が重要な鍵を握っていることが分かったわけです。発症のメカニズムが解明されたことで、急速に治療薬の開発も進みました。


エフペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア効果 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-