忍者ブログ

プロペシア効果

プロペシア(フィナステリド)の純正薬やジェネリックの効果や特徴について

プロペシア個人輸入


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男性型脱毛症の分類

脱毛は皮膚科で診る病気ではありますが、少し前まで「抜け毛対策」と言うと、まず市販の育毛剤、発毛剤を試す方が多かったと思います。

男性型脱毛症に関しては、従来「遺伝や人種的な差による毛髪の生理的変化」、言い替えれば「皮膚の個性」というとらえ方だったため、医師側もあまり積極的に男性型脱毛症を治療してこなかったのです。

この状況を大きく変えたのが、2005年12月に新しく登場した男性型脱毛症治療薬フィナステリド(プロペシア)でした。この薬を使うためには、医師の処方箋が必要です。そんな事情に後押しされる形で、私たち皮膚科の医師も、ようやく男性型脱毛症に悩む方々と診療室で接する機会が増えてきました。

正確に言えば、男性型脱毛症は「病気」とは言えませんが、特定の病態であるため医学的に診断を下さなければなりません。

では、どの程度髪が抜ければ男性型脱毛症と診断されるのか。「男性型脱毛症は、髪が抜ける部位が前頭部と頭頂部に限られているのが大きな特徴です。

半世紀前、この発症に男性ホルモンと遺伝がかかわっていることをつきとめたJ・Bハミルトンは、前頭部と頭頂部における脱毛の進行度をⅠからⅦの7段階に分類し、診断の指針としました。

男性型脱毛症の診断を下す基準については、額の生え際から頭頂部までの距離で診断されます。ハミルトンは「角額(額の生え際)の先端が、頭頂線の前方3センチを越えて後退を示す」場合を男性型脱毛症の定義とし、のちにこれを植毛外科医のOT・ノーウッドが「2センチ」に改定しました。

つまり、額の生え際から頭頂線まで2センチという数字を、男性型脱毛症の臨界点としたわけです。欧米では現在でも、「ハミルトン・ノーウッド分類」に多少修正を加えたものが、男性型脱毛症の診断に多く使われています。

ハミルトン・ノーウッド分類は日本にも導入されましたが、日本人の男性型脱毛症はハミルトンたちの分類とは少し異なることが分かりました。欧米の男性は前頭部が薄くなる人が多いのに対し、日本人は、前頭部の髪の毛は比較的保たれているのに対し、てっぺんの髪が少なくなる人のほうが多いのです。

ちなみに男性型脱毛症の発症率そのものを、欧米人とアジア人では違います。欧米ではおよそ50%の男性が男性型脱毛症になります。そのなかでもアングロサクソン系の人々に発症率が高いことも分かってきました。

日本人の発症率はおよそ30パーセント。中国人や韓国人は日本人よりやや低く(およそ20パーセント)、脱毛しない人のほうが多いのです。その理由は男性型脱毛症の原因がすべて明らかになるで謎ですが、ともあれ男性型脱毛症には、人種的な差異があります。

そこで日本では、ハミルトン・ノーウッド分類を、日本人の脱毛パターンに即して修正した分類もできました。この分類では、額の生え際が臨界点に達していないのに、頭頂部は薄くなっているⅡ-vertexを加えました。ちなみにvertexとは頭頂部の意味。現在も日本の皮膚科医が男性型脱毛症の患者さんを診察するとき、この分類を使用するのが一般的です。

ただし、男性型脱毛症の進行過程には、人種による差異のほか、個人差もあるのです。自己判断の基準は額の後退や頭頂部の薄毛ですが、必ずしもパターンにとらわれず、気になったら脱毛症外来を設けている医師を訪ねて専門家の判断を仰いでください。


エフペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア効果 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-