忍者ブログ

プロペシア効果

プロペシア(フィナステリド)の純正薬やジェネリックの効果や特徴について

プロペシア個人輸入


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

髪と男性ホルモンの深いかかわり

男女を問わず、思春期になると男性ホルモンの作用でヘアサイクルが変化してきます。と言っても、全身の毛がすべてヘアサイクルを変えるわけではありません。男性ホルモンが働く箇所は、あらかじめ限定されているのです。

男性の場合、子供の頃は髭や胸毛は軟毛なのでほとんど目立ちませんが、思春期になると髭も胸毛も硬毛化してきます。これが男性ホルモンの働きです。

男性ホルモンは女性ももっていますが、女性の場合、思春期を過ぎても顔や胸部分の毛は軟毛のまま。ただし、腋毛や陰毛は男女を問わず思春期の頃から男性ホルモンの作用で硬毛になってきます。

男性ホルモンだけでなく、甲状腺ホルモンやビタミンD、グルココルチコイドなど、ステロイドレセプターファミリーの多くも、私たちのヘアサイクルに影響を及ぼします。ただし、男性ホルモン以外は主に毛包の上皮細胞に作用するのに、男性ホルモンは間葉系細胞にのみ直接影響を与えることが分かりました。

男性ホルモンの代表的なものはテストスレロンですが、これが血中を流れて細胞内に入ると、5α‐リダクターゼという酵素によってジヒドロテストスレロン(DHT)に変化します。このDHTが細胞内の男性ホルモンレセプター(受容体)と結合して細胞の核内に入り、標的遺伝子のプロモーターに結合してタンパク質誘導を行い、生物学的な作用を起こします。

男性ホルモンが働くためには、酵素、男性ホルモンレセプター、それに標的遺伝子が欠かせません。テストステロンがDHTに変化することで、男性ホルモンレセプターとの結合性が10倍ほど強まることは以前から分かっていました。

では、人の皮膚、特に毛包ではどこに男性ホルモンレセプターがあるのか?レセプターの抗体を使って免疫組織染色をするという簡単な方法で調べると、上皮系の孟母細胞には男性ホルモンレセプターはなく、間葉系の毛乳頭細胞にそれがあることが分かりました。これが、「毛」を作る組織の特徴です。

と言っても、すべての毛包の毛乳頭細胞に男性ホルモンレセプターがあるわけではありません。頭部では前頭部、頭頂部、また髭や腋毛の毛乳頭細胞には男性ホルモンレセプターがありますが、後頭部の毛乳頭細胞にはこれがないのです。男性型脱毛症を発症した人でも、後頭部の毛が最後まで残っているのは、その部分の毛乳頭細胞に男性ホルモンの感受性がないからにほかなりません。

5α‐リダクターゼという酵素についてもう少し説明すると、これにはタイプⅠとタイプⅡがあります。タイプⅠはヒトのあらゆる組織あらゆる細胞にありますが、それに対してタイプⅡは精嚢、前立腺、外陰部の皮膚といった。ひじょうに限られたところだけにあるのです。

ここまではすでに分かっていましたが、タイプⅡの5α‐リダクターゼは前頭部や髭の毛乳頭細胞にもあることが新たにわかりました。ちなみに女性でも思春期に濃くなってくる腋毛の毛乳頭細胞にはタイプⅡはなく、タイプⅠだけがあります。


エフペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア効果 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-